歯列矯正を始める前に知っておくと役立つポイント

カウンセリング段階でチェック!

〇自宅・職場から通いやすいクリニックですか?
〇医師・スタッフさんの雰囲気に気にかかる点はないですか?
〇複数の矯正器具を取り扱っていますか?
〇矯正の流れの説明は理解できましたか?疑問点は解決できましたか?
〇料金体系はわかりやすいですか?特に「通院するたびに調整費用がかかるのかどうか」要チェック!

以上は筆者がクリニック選びで気を付けていたポイントです。

特筆すべきは、やはり「費用」。
毎回通院するたびに「調整費」として5,000円前後かかるところもあれば、最初に矯正費用として提示された金額に調整費や必要な抜歯費用も含まれていて、それを支払ってしまえばあとは通うだけ、というところもあります。筆者としては、最終的にいつまで通うのかわからない中毎度5,000円払うのは怖い…ということで、コミコミ料金のクリニックを選びました。結果、矯正費用以外に私がクリニックに支払ったのは、親知らずの抜歯費用だけです。

心の準備をしてほしいポイント

●痛くて噛めないことがある
矯正中、特に調整直後は、歯に慣れない力が加わっているため歯の根元がとても痛いです。噛むことは勿論、歯と歯が僅かに触れるのさえ痛いです。調整後数日は、噛まなくてもいいおかゆやヨーグルト、お味噌汁などの食事がとれるよう準備しておきましょう。

●裏側矯正の場合、滑舌が格段に悪くなる
裏側に異物を着けるわけですから、口の中が狭くなり、舌の置き場に困るようになります。また、サ行・タ行・ナ行、ラ行がとても言いにくくなり、いわゆる「舌足らず」な発音になります。人と接する職業の方は、矯正当日・翌日は発音練習に努められると安心です。

●口内炎ができやすい
裏表マウスピースすべての矯正に言えることですが、口内炎が増えます。異物を入れた状態で話したり食べたりするので、口内が傷つきやすくなるためです。かといって歯に着けた装置は取り外せないので、患部に貼るシールタイプの口内炎薬が大活躍します。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ