どのくらい通院するの?

長期戦を覚悟

歯列矯正は時間がかかります。
理想的な歯並びに向けて力をかけては調整し、また力をかけては調整し、の繰り返しです。また、思惑通りに歯が動いてくれるとも限りません。思いもよらぬ歯が予想外の動きをすることもあります。
こうした微調整の繰り返しで理想の歯並びになるわけですから、あまりにも「短期間」「簡単」「少ない通院」などをうたうクリニックには注意が必要です。

どれだけ簡単な矯正でも、大きく「歯を動かす段階」と「動かした歯を定着させる段階」が必要です。短くとも6ヶ月~1年ほどはかかると考えましょう。

長期間通院することになりますから、カウンセリングの際は、担当医と信頼関係が築けそうな雰囲気かどうかまで見極められると良いですね。
また、いかに規則正しく欠かさず通えるかもポイントになってきますので、自宅・職場、よく遊びに行く場所など、普段の自分の行動範囲内にクリニックを決めることも大切です。

矯正器具による通院の違い

3種類の矯正器具は、それぞれ装着期間が異なります。
器具ごとに、装着期間の目安を見てみましょう。

1.マウスピース矯正
目安期間約2年~3年。
通院 約2か月に1回。
数種類のマウスピースを段階的に装着し、装着による痛みがなくなるまで使用します。
マウスピースの着脱・交換は医師の指示を受け自分で行うため、装着時間不足・交換忘れ、紛失などがあるとどんどん長引くので注意。自己管理勝負。

2.裏側矯正(別名 下側矯正、リンガル矯正)
目安期間約2年~3年。
通院 約3週間~1ヵ月に1回。
よっぽど特殊な矯正でない限り2年ほどで装着を終え、定着用のマウスピースへ移行します。歯周病、虫歯治療などがあると長引き、中断せざるを得なくなることもあるので、口腔環境にはよく注意しましょう。

3.表側矯正
裏側矯正に同じ。
裏と表では力の掛かり方が異なるため、若干表側の方が時間がかかると言われている。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ