大人も歯列矯正!?

実は、そんな風に目立つ器具ばかりではないって知っていますか?大人が歯列矯正をしようと思うと、特に接客業や営業職の方は見栄えがかなり気になりますよね。「銀色のワイヤーが歯の前面にびっしりと並んでいる」なんてイメージが強い歯列矯正。 誰にも気づかれず、こっそり綺麗になれるかもしれません!

どのくらい通院するの?

歯列矯正は、数か月~約4年と、ある程度長い期間の通院を必要とします。 ポイントは、いかに生活の中に組み込めるか。生活導線に組み込んでしまえば、憂鬱な通院が気分転換やストレス発散の時間になるかも…!? 通院ペースを知って、矯正期間の生活を思い描いてみましょう。

歯列矯正を始める前に知っておくと役立つポイント

一言で歯列矯正と言っても、各クリニックによって取り扱う器具が違ったり、同じ器具でも料金が違ったりします。また、矯正開始後にはほぼ必ず矯正器具による一時的な違和感や痛みがあります。 矯正経験があるからこそわかる、「最初に知っていたら準備できること」。

あなたにぴったりな矯正方法は?

「歯列矯正は子どものうちにするもので、大人は滅多なことがないとやらない」
そう思っている方も多いのではないでしょうか。私もその一人でした。
でも実は、成人の方が矯正後の歯並びを維持しやすいって知ってましたか?

子どもは成長過程にありますから、体の至る部分が完全ではなく、とても変化しやすい状態です。この段階で歯列矯正を始めると、歯も綺麗に並びやすく、短期間できちんとした歯並びに治すことができます。しかし問題は、この「治しやすさ」にあるのです。

「小学生で歯列矯正をした人が、大きくなってから元の歯並びの特徴がまた出てきた」という話を聞くことがあります。
歯列矯正をざっくりと説明すると「歯にじっくりと力をかけて、理想の場所まで動かす」という仕組みです。体格や習慣・環境的な理由で不揃いに生えた歯に外から力をかけて動かすのですから、体は「不自然なことが起きている」と認識し、元に戻ろうとします。大人の場合は力をかけている状態を維持することでむしろ元の不揃いな状態には戻れなくなりますが、子どもの柔らかい不安定な体は、綺麗に並んだ状態を維持できるとは限りません。

こうした理由から大人の方が歯列矯正には向いているのですが、やはり気になるのはその「見た目」。仕事柄人と接する機会が多い、歯並びは気になるが矯正器具が目立つのも気になる、という人は多いのではないでしょうか。

このサイトは、「今の歯列矯正ってどんな感じなの?」という方へ基本的な情報をまとめた「歯列矯正入門編」です。クリニック選びや情報収集にお役立てください。